UGANDA ORGANIC COTTON FOR SCHOOL PROJECT

株式会社スマイリーアースは、ウガンダ共和国政府と協働して、これまで積み重ねてきた「日本とウガンダを繋いだ綿の絆」を未来の日本とウガンダを繋いでいく次世代の若者たちへ繋いでいくために、「産官学」の連携によって生み出す「国際協調を自分事として感じることができる教育環境の実現」にチャレンジしていきたいと考えております。

このUGANDA ORGANIC COTTON FOR SCHOOL PROJECTは、ウガンダ共和国政府特別任命コーディネーターであるスマイリーアースの代表が「日本とウガンダを繋いだ綿の絆を更なる日・ウ間の友好親善関係の発展に繋げていくための輪を広げたい。」という思いによってスタートさせたプロジェクトです。

グローバル人材の育成が必須となった日本の教育現場のビルドアップに本プロジェクトが貢献し、また日本ウガンダ共和国間の未来が豊かになる人材交流基盤づくりのきっかけを本プロジェクトが作り出すことで、今日における日本の教育現場のグローバル化の促進に少なからず貢献していけるのではないかとスマイリーアースは考えています。

スマイリーアースは、これまで積み上げてきた両国からの信頼の上に築かれる輝かしい未来に貢献していきたい。そのように考えています。

本プロジェクトでは、プロジェクトタイトルにもなっているウガンダオーガニックコットンを教材として教育現場へ供給し、ウガンダと日本の繋がりをその教材を通じて学生達に「国際協調を自分事として考え、一人の日本人として何ができるかを考える」きっかけを与えることを目的とし、スマイリーアース代表がこれまでに得てきた知識と経験に加え、自身が積み上げた両国からの信頼を活かし、学生たちの未来づくりに必要な礎作りをサポートしていきます。

→ 【駐日ウガンダ共和国大使館 特命全権大使のメッセージ

【Pearl of Africa アフリカの真珠】認定事業

「Pearl of Africaアフリカの真珠」認定事業は、スマイリーアースがウガンダ共和国と共に構築してきた「日本とウガンダを繋いだ綿の絆」。その「綿の絆」を、発展的に且つ誠実に歴史を重ねていく取り組みに対し、スマイリーアースが認定を行い、またコラボレーションなどを行う活動企画や製品制作などを行う際にスマイリーアースの登録商標である「Pearl of Africa アフリカの真珠」ロゴの使用を認めていくスマイリーアースの認定事業です。
ロゴデザインのイメージ
「アフリカの真珠」と讃えられるウガンダ共和国。その地のエネルギーを吸い上げて開花するウガンダオーガニックコットンを、ウガンダの大地の生命力の象徴として表現しています。またかつて、イギリスの首相を務めたウィンストンチャーチル公がウガンダの豊かな自然を目撃した際、「Pearl of Africa」と讃え、またその地で育つ高品質の綿花を好み「真珠」と讃えた伝説をシンボライズしたイメージをデザインに重ねています。
【Pearl of Africa アフリカの真珠】認定事業
【樟蔭学園×スマイリーアース】

【樟蔭学園×スマイリーアース】

樟蔭学園 樟蔭中学校・高等学校とスマイリーアースのコラボレーションによってスタートした「樟蔭ウガンダプロジェクト」。こちらの企画では、樟蔭中学の第2カバンをウガンダオーガニックコットン100%で制作し、日本とウガンダの繋がりを知るきっかけ作りを始めたことで、ウガンダとの交流も生徒たちが自ら企画を行い、自分たちでグローバル意識を高めていくことに発展し現在も進行中のプロジェクトです。スマイリーアース代表によるウガンダのトップアスリートの学校訪問やウガンダ大使の学校訪問を通じて、学園としてのウガンダとの関係づくりにも発展していっているプロジェクトです。
※このプロジェクトは、スマイリーアースの【Pearl of Africaアフリカの真珠】認定事業により認定された取り組みです。