Smileyearth

良いものづくり環境で地球を笑顔に

「スマイリーアースSDGs貢献プログラム」

~日本とウガンダ共和国の持続可能社会達成に向けて~
スマイリーアースは、本業である「ものづくり」を通じて持続可能社会実現に貢献します

スマイリーアースは、大阪府泉佐野市上之郷の自然豊かな環境が取り巻く地域の中で事業を営む事業者として、2008年より上之郷地域の豊かな自然環境と生物多様な環境を守り継承していくため、同地域の特産品であるタオルの製造プロセスから出る産業排水の無害化とエネルギー調達の脱石油化を実現した「循環型環境ストレスフリーを実現したタオル生産プロセス」を2015年に構築し、2017年に第19回日本水大賞で経済産業大臣賞、2018年に第7回ものづくり日本大賞で経済産業大臣賞を受賞しました。

「日本タオル製造発祥の地」である大阪府泉佐野市のタオル製造を、持続可能なタオル製造へパラダイムシフトさせていく技術革新を成し遂げたスマイリーアースは、2030年に向け「スマイリーアースのSDGs達成目標」を掲げました。

スマイリーアースは本業である「ものづくり」を通じてSDGs目標17項目ゴールの内、ゴール15とゴール12の達成を目指し、最終的にゴール11を達成していくというアプローチ方法でSDGs目標達成を目指します。その目標を達成して行くためにスマイリーアースは、「スマイリーアースSDGs貢献プロジェクト推進室」を2018年8月20日に当社内で発足しました。

スマイリーアースSDGs貢献プロジェクト推進室は「スマイリーアースSDGs貢献プロジェクト」を実質的に実施していく機関です。「スマイリーアースSDGs貢献プロジェクト」とは、スマイリーアースの本業である「ものづくり」を軸に資源の高循環を生み出す「循環システム」を、更に高く広域な地域を巻き込む「循環システム」へと発展させるためにスマイリーアースがリーダーシップをとって、多種多様な関係者と協力して作り上げていく「共通価値を創造していく」CSV事業です。

 

「スマイリーアースSDGs貢献プロジェクト」には以下の日本内外の事業が存在しています。

・国内
① 里山資源化プロジェクト
② 渓流「SHIRAIDANI」復元プロジェクト
③ 花咲か爺さん「桜」プロジェクト

・国外
① ウガンダオーガニックコットンプロジェクト

 

「スマイリーアースSDGs貢献プロジェクト」のSDGs達成に向けたアプローチ

① 生物多様な環境維持を最優先する持続可能な「ものづくり」及び「ものづくり文化・思想」を育みながら地域の豊かな自然が残る価値を地域内外で共有し、「地域愛」を人と人とで育み合う「コトづくり」「えんづくり」に取り組み、SDGsのゴール15「陸の豊かさを守ろう」の達成を目指します。

 

 

 

② ①項目で掲げた持続可能を実現する「ものづくり」及び「ものづくり文化」の普及促進運動を継続的に取り組むことによって持続可能な製品調達を優先する購買マナー及び消費マナーを上之郷地域で深め、最後までモノを使い切るコトや、再利用(リサイクル)するという日本の「もったいない精神」を育み、これらを普及させる取り組みを行っていきます。この取り組みでSDGsのゴール12「つくる責任 つかう責任」の達成を目指します。

 

 

 

③ ①②項目で掲げた目標を達成することによってSDGsのゴール11「住み続けられるまちづくり」の達成を目指します。

 

 

 

スマイリーアースは、世界の共通価値である「地球上の豊かな自然環境の維持」を第一と掲げた「持続可能なものづくり」で、現代社会における消費行動を「持続不可能な消費選択」から「持続可能な消費選択」へと導くため、「スマイリーアースSDGs貢献プロジェクト」の実施を通じて「スマイリーアースのSDGs目標達成」に積極的に取り組みます。 

スマイリーアースSDGs貢献プロジェクト推進室