Smileyearth

良いものづくり環境で地球を笑顔に

         
2025年大阪万博誘致決定特別企画
泉佐野丘陵緑地と株式会社スマイリーアースが企画する「SDGsえんづくりプログラム」 <目指せ2025年大阪万博!!持続可能な社会実現に向かって私たちができるSDGs>
企画名
「お正月の郷遊び」内のSDGsえんづくりプログラム 「コットンペーパーにコットン&間伐材を利用して作るエコリサイクル筆を使って年の初めのSDGs書初め体験」
内容
2018年11月に2025年大阪万博の開催が決定した事に際し、ここ大阪から2025年に向け持続可能な開発目標の達成SDGsを掲げた取り組みを発信し、2025年大阪万博のテーマとして掲げる「いのち輝く未来社会のデザイン」の一つを作り上げていきたいと思い企画致しました。大阪府営泉佐野丘陵緑地が主催するイベント「お正月の郷遊び」の中のプログラムとして開催します。 この企画は、持続可能な上之郷の特産品「真面綿(まじめん)」の製造プロセスから出てくるオーガニックコットンの切れ端や綿屑・糸屑といった副産物の利用価値を創造する事、そして日本のものづくりの次世代を担う子ども達に、持続可能なものづくりによって目指すことができる持続可能な社会(いのち輝く未来社会)を身近に感じてもらい、将来に生かしてもらえる経験・知見を実体験してもらう事を目的として実施致します。「見て、聞いて、体験できて納得できるSDGs」を、ワークショップを通じて泉佐野丘陵緑地公園から、2025年大阪万博に先駆け、日本のSDGsを世界へ発信することを目指します。
企画内容
1、SDGsについて説明&パネル展示&クイズ 2、スマイリーアースのSDGsものづくりについての説明 3、オーガニックコットンの生地の切れ端と、竹及び木の間伐材の枝などを使用してつくるリサイクル筆の作成。 4、オーガニックコットンペーパーに、リサイクル筆と墨汁を使ってSDGs書初め体験
プログラム参加費無料
主催
・株式会社スマイリーアース・大阪府営泉佐野丘陵緑地
後援
・JICA関西・関西SDGsプラットフォーム
開催日時
2019年1月12日(土)午前10時~午後14時
目指すSDGsゴール
         
関連リンク
→ 泉佐野丘陵緑地「お正月の郷遊び」紹介ページ
→ JICA関西 SDGsえんづくりプログラム 紹介ページ
→ 関西SDGsプラットフォーム
→ 会場へのアクセス