外国からのお客様向けプログラム

【 理想のタオル工場 構築事業 】

私達は、一度経験した地元の河川汚染を教訓に、「自然を汚さず、機能性に優れた最高のタオルを生みだすこと。そして、タオルを作る自分たちが安心でき、安全に楽しく最高のタオルを作り続けられること。」という理想を実現するためのタオル製造工場の構築事業に挑戦し続けてきました。こちらのページでは、そんな理想のタオル工場の構築に向け取り組んできた様々なプロジェクトをご紹介していきます。

Nature Towel Factory

Nature Towel Factory

Nature Towel Factory 「まじめん」のロゴマークは、自然と共生するタオル工場(Nature Towel Factory)を中心に貴重な地域資源がより良く循環し、地域の生態系との調和を生み出していくことで、地域が豊かになり「地球が笑顔になっていく」というスマイリーアースが目指す理想のタオル製造の世界感をシンボライズし生み出されたロゴマークです。
合成界面活性剤脱却化チャレンジ

合成界面活性剤脱却化チャレンジ

合成界面活性剤の危険性について生涯を通して警鐘を鳴らし続けた科学者「坂下 栄」先生が、スマイリーアースへ託してくれたこと。それは地球の未来を変えるための「大きなヒント」でした。私たちが地元「上之郷」で生物多様性を第一に考え、タオル製造における合成界面活性剤依存からの脱却を進めた取り組みについての紹介ページ
水資源好循環化チャレンジ

水資源好循環化チャレンジ

タオル製造は長らく繊維を染色及び加工処理した際にできる汚染廃水によって環境を害してきました。そんなタオル製造の水資源に対する開発課題を技術開発で克服した取り組みです。
里山資源化チャレンジ

里山資源化チャレンジ

里山の杉林・檜林を整備し里山機能を改善しながら、間伐材をバイオマスエネルギーとしてタオル生産内で有効利用することで、工場内で使う化石エネルギーを実質「ゼロ化」することを実現した取り組み。
「STI」 で達成した数値削減

「STI」 で達成した数値削減

スマイリーアースが進めてきた「地域資源循環型タオル製造エコシステム」の構築を目指し取り組んだ科学技術開発「STI(Sience Technology Innovation)」によって達成してきた、タオル製造の地球環境に対する配慮化に向けた各種数値削減の実績。
Nature Towel Factory 誕生の地

Nature Towel Factory 誕生の地

「日本タオル製造発祥の地」そして、「関西国際空港がある関西の迎都市」として歴史を重ねてきた大阪府泉佐野市の山間部エリア「上之郷」で Nature Towel Factoryは誕生しました。上之郷は山林の割合が80%を超える地域で、下水道が完備されていない、いわゆる時代に取り残されたエリアです。そのような地域で、Nature Towel Factoryは、僅かに残された豊かな自然と、そこにある生態系(生物多様性)を損なわない「自然と共生するタオル工場」を実現させてきました。こちらのページでは、地政学的視点からNature Towel Factoryがこの地で生まれた理由に迫っていきます。
真面目なタオル作りへの挑戦の始まり

真面目なタオル作りへの挑戦の始まり

アフリカとスマイリーアースが関わり合うようになったきっかけ。それは二代目が「アフリカが大好きなアフリカオタク」だったからです。二代目が恋焦がれた地「アフリカ」。その愛するアフリカと繋がり合っていく「タオル作り」。導かれるまま突き進んだ、地元のタオル産地とは真逆のタオル製造への挑戦。現在のスマイリーアースの原点、そしてスタートアップが分かるBack numberページです。

メディア掲載情報